トップページ

大室山の山焼き見物 2007年〜2009年

2007年2月に伊豆半島一周の車中泊の旅をした時に、初めて大室山の山焼きを見物。間近で見る山焼きの迫力は想像以上のもので、是非とも来年も見に来たいと思い、その翌年、翌々年と三年連続で山焼き見物をすることに。

大室山その1  大室山の山焼きとは

大室山は静岡県の伊豆半島東側の、温泉地で有名な伊東市の中心から10kmほど南にある小さな山。標高580mの山頂までリフトで上ることができる。大室山は火山で山頂がすり鉢状にくぼんでいて、火口の円周をぐるっと歩く事ができる。700年の伝統があるらしい大室山の山焼きは、毎年2月の第二日曜日に行われている。天気や積雪などで延期になる場合は、翌週の日曜、翌々週の日曜…とずれて行く。山焼きは9:30に山頂のすり鉢状の傾斜部を焼く「お鉢焼」、正午に山肌全体を焼く「全山焼」の順で行われる。

お鉢焼き

全山焼き

大室山には無料駐車場が4箇所もあるのだが、お鉢焼が終わった頃には全て満車になり、4つの駐車場がある通りには路上駐車の列ができる。全山焼の時間には車が全く動けないくらいの酷い渋滞になる事も。さらに全山焼が終わると一斉に駐車場から車が出るので、全山焼き終了直後は暫く通りが渋滞する。

11時前には全駐車場は満車に(写真は第三駐車場)

全山焼き直後の渋滞

9:30から始まるお鉢焼から見物する場合、まだ観光客は多くないので駐車場に問題無く車を停めることが出来る。正午から始まる全山焼のみを見物する場合は、駐車場と道路の混雑を避けるために、時間に余裕を持って10:00には着くようにした方がよいと思われ。全山焼き直後の渋滞を少しでも避けたい場合は、リフト乗り場から一番離れた第四駐車場に停めるのがお勧め。

リフトの営業開始時間は9:00。リフト乗り場にあるお土産屋や軽食店も同じく。リフト乗り場のある第一駐車場には、9:00前から半被姿の係員が点火用の松明を持ってお鉢焼の準備をしている。万が一に備えて消防車も待機。

リフト営業開始前から駐車場には観光客の列が。これは一般客が松明で全山焼の点火に参加できるという先着サービスに並ぶ列。9:00から整理券配布の受付をしている。開催年によって先着100名だったり70名だったりと異なるらしい。

お鉢焼の見物などで午前中にリフトで山頂に上る場合は注意が必要。全山焼に備え11:45にリフトは停止される。お鉢焼が終わると山頂リフト乗り場には下山する観光客の列ができる。お鉢焼の後に山頂をのんびり一周してからリフトで降りようとしても、リフト乗り場は長蛇の列ができていて、リフト停止時間の11:45までに下山出来ず全山焼きを見れなくなってしまった…なんて事にならないように、早めにリフト乗り場に戻ったほうが安全。全山焼はもちろん見たいけど山頂でもゆっくりしたい!と言う人は、全山焼が終わってからもう一度山頂に上るというのも1つの手。リフト代は往復大人420円。

注:時間は2009年現在のもの

写真は2007年のお鉢焼後の山頂リフト乗り場の列、の一部。緑色の建物から右にも長い列は続いている…

神事の一部

11:00からは神事が行われる。最初から見た事が無いので詳しくは分からず…

山焼きのスケジュールをまとめると、

09:00 リフト営業開始・松明受付開始

09:30 お鉢焼

11:00 神事

11:45 リフト運転停止

12:00 全山焼

12:20 リフト運転再開

注:2009年現在